7/24 日本モーターボート選手会会長賞 4日目
バックナンバー
  • 4日目
  • 3日目
  • 2日目
  • 初日

4日目
見どころ

東本、浜野、松尾と地元勢が上位独占!

  • 4066/A1/三重東本 勝利

  • 4156/A1/三重浜野 孝志

  • 4754/B1/三重松尾 充

  • 4218/A2/滋賀吉川 喜継

地元勢の活躍が光っている。予選3日目を走り終え、東本勝利、浜野孝志、松尾充の三人が得点1,2,3位と上位独占!準優勝戦の絶好枠取りへ好位置につけている。吉川喜継もオール3連対キープ。妹尾忠幸も昨日、待機行動違反の減点はあっても得点6位と頑張っている。予選最終日にピックアップするのは、最終12レース「ツッキー選抜戦」。注目はもちろん1号艇の東本。初日からの連勝は4でストップしたものの、モーターは相変わらず快調!前半8レース次第だが、ここ勝って予選1位を確定させる。相手は3号艇の鳥居塚孝博。鳥居塚も昨3日目連勝!オール3連対をキープしていて好ムード。本領のまくりで東本を脅かしたい。女子レーサー浅田千亜希に、現在準優当落線上の石川吉鎬も真骨頂のスタートで見せ場を作って。

3日目
見どころ

東本が破竹の4連勝!浜野も3勝好調だ

  • 4066/A1/三重東本 勝利

  • 4156/A1/三重浜野 孝志

  • 4089/A1/岡山妹尾 忠幸

  • 3951/A2/大阪石川 吉鎬

地元の東本勝利が、差し連発でシリーズ3,4勝目を挙げた。東本は初日から無傷の4連勝!ピンラッシュを続けている。同じく地元の浜野孝志も、予選2日目1,1着。シリーズ通算では4戦3勝!こちらも絶好調だ。この東本、浜野が得点1位、2位で地元コンビが上位独占。また、牧原崇に吉川喜継もオール2連対。妹尾忠幸もオール3連対と安定。石川吉鎬も昨連勝と調子を上げている。きょう予選3日目は、初日から勝ち続けている東本をピックアップ。出番は6,11レース。6レースは5号艇。ここ1号艇には昨連勝!復調急の石川がいるが、東本に本命◎を託す。中へこみのスリット隊形も見込めるならチャンスは拡大!今節冴え渡っている差しハンドルで、鋭くバック抜け出してきそう。初日からの連勝を5に伸ばす!

2日目
見どころ

東本、松尾と地元2選手が連勝スタート!

  • 4066/A1/三重東本 勝利

  • 4754/B1/三重松尾 充

  • 4089/A1/岡山妹尾 忠幸

  • 4218/A2/滋賀吉川 喜継

ドリーム戦は、1号艇の地元・東本勝利がコンマ11のトップスタートから押し切った。東本は8レースも差して勝っていて初日連勝!地元ファンの声援に応えた。差した5号艇の妹尾忠幸がドリーム2着に入っている。予選組では、地元の松尾充がイン逃げ、まくりで連勝!昨日は、東本、松尾と地元2選手が連勝スタート。吉川善継も1,2号艇の利を生かして初日1,2着。一方、期待ハズレに終わったのが、エース58号機を手にして注目を集めた井内将太郎。井内は6,5着と開幕ダッシュに失敗…。郷原章平も同じく6,5着とつまずいた。さて、予選2日目ピックアップするのは、12レース「ツッキー選抜戦」。オール女子で争われるが、注目は1号艇の海野ゆかり。初日は1,6着と出入りが激しかったが、絶好枠のここは信頼の軸に推せる。インでスタート決めて一直線。白星スタートを切った3号艇の浅田千亜希が対抗格。好モーターで足は悪くない、4号艇の岸恵子も好位続いて。

初日
見どころ

真夏の津で東本、海野らが覇権争う!

  • 4066/A1/三重東本 勝利

  • 3685/A1/岡山荒井 輝年

  • 4193/A1/福岡郷原 章平

  • 3618/A1/広島海野 ゆかり

「日本モーターボート選手会会長賞」が、きょう21日から開幕する。梅雨が明け、夏本番。ボートレース津には、男女の豪華メンバーがそろった。優勝候補
の筆頭は、地元の東本勝利。前回は準優勝、前々回のパール賞は優勝と、地元レースでの戦績は凄い!今回も優勝目指して、初日からエンジン全開だ。昨年、ここ津のレディースチャンピオンを優勝した海野ゆかりも、優勝候補に挙げられる。暑さを吹き飛ばす爽快なレースを見せてくれそう。妹尾忠幸も今期8節すべて優勝戦に進出していて絶好調!勢いがある選手で、優勝戦線に加わってきそう。浅田千亜希も前回優勝していて侮れない。さて、初日メーンのドリーム戦は、地元の東本が白い勝負服に身を包む。初日からエンジン全開!豪快に押し切ってシリーズ好発進を飾る。紅一点の4号艇・海野が4カド占拠から猛チャージ。2号艇の荒井も内寄り鋭く踏み込んでワンチャンスにかけてきそう。