地元G1獲りへ新田が激走!
坪井、池田、菊地ら強力近隣勢を迎え撃つ!
 4年ぶりの当地開催となるG1東海地区選手権。今年の正月戦で完全優勝を果たした絶対的エース・井口佳典をF休みで欠く地元三重支部の大将格は、正月戦準Vの新田雄史(三重)だ。昨年はグランプリを含むSG3優出と年間を通して全国で活躍。長年の目標である地元G1制覇をここで果たし、昨年以上の活躍を目指す。  
 昨秋の当地周年で優出した坂口周(三重)、各地のG1で奮闘する松尾拓(三重)、さらに当地開催の地区選で優出実績を持つ間嶋仁志(三重)荒川健太(三重)も自信の水面で気合十分。  
 SG覇者が上位に並ぶ近隣勢のなかでも、この地区選を含むG1で2優勝と出色の水面実績を誇るのが坪井康晴(静岡)で、同じく当地で地区選を制した池田浩二(愛知)も脅威。  
 近年は常にトップ戦線で活躍する菊地孝平(静岡)や、念願のSG覇者となった徳増秀樹(静岡)も当地でのG1優出は数多い。当地前回地区選で優出した赤岩善生(愛知)や、当地は通算V5の柳沢一(愛知)、昨年グランプリ優出を果たした平本真之(愛知)も優勝候補の一角。  G1制覇後も活発な磯部誠(愛知)や、水面攻略に自信を持つ河合佑樹(静岡)岩瀬裕亮(愛知)も侮れない。女子では地元の塩崎桐加(三重)高田ひかる(三重)、地区選では準優3着の実績を残す細川裕子(愛知)の走りが楽しみ。